Rocket Software,Inc.が所有する商標です。

以下のリストに記載されている商標およびサービスマークは、Rocket Software,Inc.の独占的な財産です。 またはその関連会社(総称して”ロケット”)。 これらのマークは、米国特許商標庁に登録されており、他の国で登録または保留中の登録されている場合があります。 Rocketが所有するすべての商標がこのページに記載されているわけではありません。 このページにマークがないことは、Rocketがそのマークに確立した知的財産権の放棄を構成するものでも、Rocketがそのようなマークの所有者ではないことを意味

  • Aldon®
  • Arkivio®
  • Autoweb®
  • BlueZone®
  • Catalog Solution®
  • COPYCRYPT®
  • CorBusiness®
  • CorStrategy®
  • CorVu®
  • Crossplex®
  • D3®
  • DR/XPERT®
  • Eurex®
  • FLASHCONNECT®
  • Fusion DX®
  • HyperVu®
  • iCluster®
  • IMAGINE®
  • IMAGINE CUA®
  • LegaSuite®
  • Mainstar®
  • Model 204®
  • MVBASE®
  • MV.8978>
  • Passport PC TO HOST®
  • PASSPORT WEB TO HOST®
  • Peritus®
  • PICK®
  • Rocket®
  • Rocket®&
  • >デザイン®

  • ロケットEquery®
  • Rocket Shuttle®
  • Seagull Software®
  • Servergraph®
  • Shadow®
  • Shadow District®
  • Systemsoft®
  • System Wizard®
  • Trubiquity®
  • unidata®
  • Vsam-Assist®
  • Vsam Quick-Index®
  • Vtar®
  • Wintegrate®

その他のすべての商標または登録商標は、それぞれの所有者の財産です。 Rocketのwebサイトに記載されているIBM®商標の詳細については、IBM商標情報ページを参照してください。

Rocketの商標および製品名を適切に参照するための一般規則

  • 通信に記載されている各登録Rocket®商標の最初の使用は、登録記号®および脚注または帰属 帰属は、Rocket商標が使用されているページ/画面、またはそれが参照されている通信またはサイトの法的セクションのいずれかに配置する必要があります。
    帰属/脚注の例:Rocket®はRocket Software,Inc.の商標です。 およびその子会社は、米国および世界中の他の管轄区域で登録されています。
  • すべてのRocket製品名に対するテキストの最初の参照は、Rocketの前に、商標記号®を続ける必要があります。
    例:Rocket®API、Rocket®Model204®ハイパフォーマンスデータベースマネージャ。 製品名のマーキングのルールは国によって異なりますのでご注意ください。 商標の専門家からの指導を追求する必要がある場合もあります。
  • は、製品またはサービスの一般的な説明である名詞を修飾する形容詞として常にnameを使用します。 商標自体が複数形または所有格の形でない限り、製品名は単数形でも使用する必要があります。
    例:Rocket®APIはIBMiのための近代化ツールです。
  • 大文字や句読点を含め、製品名の形式や表現を変更しないでください。
    例:Rocket®CorVu®ソフトウェア。
  • ロケット商標の脚注/帰属を省略しないでください。
  • 承認されたロケットの商標を変更しないでください。
  • RocketまたはRocket製品名の新しいロゴを作成しないでください。
  • ロケットの製品名を会社の製品名に含めないでください。
  • あなたの会社が所有するウェブサイトのルートドメインにRocket製品名を含めないでください。
  • テキストに”Rocket”という名前を使用するときは、スペルミスや小文字を使用しないでください。
  • ロケットのキャッチフレーズは使用しないでください。
  • 会社名とRocket製品名を接続しないでください。
  • ロケットの商標名を製品やサービスに名詞として、または複数形または所有格として使用しないでください。
  • Rocketの商標のスペルを間違えたり、誤って大文字にしたりしないでください。 最初の使用法の他の商標のロケットの名前の前にロケットを常に含んで下さい。

Rocketの商標の使用および参照に関する公正使用ガイドライン

Rocketの商標には、rocketが所有するグラフィックおよびRocketという単語(このページに記載されてい Rocketは、その商標の開発と保護に多大な努力と注意を払っており、その商標の所有権のすべての権利を留保しています。

Rocket商標の”公正使用”、すなわち、明示的な許可またはライセンスなしに第三者が使用することは、製品名およびサービス名などのRocket商標へのテキストのみの参照に限定され、Rocketロゴは除外されます。 そのような参考文献では、あなたは真実でなければならず、Rocketを非難してはならず、一般の人々を誤解させてはなりません。 お客様は、Rocketとお客様の会社、その製品、およびそのサービスとの関係の性質について明確かつ正確でなければなりません。

以下は、公正使用の二つの一般的なタイプです:

  • 具体的にロケット製品を参照しているとき。
    例:”…Rocket®Discoverを使用すると、チーム内のユーザーはすぐにアイデアやデータの視覚化を共有できます。”
  • Rocket製品が他の製品と互換性があることを示している場合。
    例:”製品XはRocket®UniVerse®プラットフォーム上に構築されています。”

あなたの製品名とあなたの会社によって生成された付随する包装に重点を置くべきであることに注意してください。 ラベリングは、アプリケーションとして認識されるように、製品名に重点を置く必要があります,で開発,互換性,またはロケット製品で実行されています.

ロケットのロゴの使用

ロケットは慎重にそのロゴの使用を制限します。 Rocketの書面による明示的な許可があるか、またはRocketによってライセンスされていない限り、他の会社はRocketのロゴを使用することはできません。

ロケットのロゴを使用する許可を得るために連絡先:

会社名として”ロケット”の使用。

“Rocket”はRocket Software,Inc.の商標です。 会社名と同様に。 「Rocket」がRocket Software,Inc.の会社を識別するために使用される場合。、それは商号と呼ばれます。 特定の製品とは対照的に、会社を参照するときに商号の使用法は、通常適用されます。 あなたがRocket the companyを参照している場合、Rocketを所有格として使用することは許されます。 その場合、名前は商品またはサービス(合法的に商標のドメインである)を特定しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。